バイネビ

へっぽこ乗り物全般(バイク・車がほぼ)のまとめ一応へっぽこ実験サイトでもある。 wiki〇edia風の説明である。

    ラリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : ダイビングフットスタンプ(catv?)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 09:31:57.64 ID:6qs5gZ740.net 
     
    トヨタ自動車が2017年から自動車の世界ラリー選手権(WRC)に復帰する方針であることが26日、わかった。複数の関係者が明らかにした。30日に東京都内で開かれる同社のモータースポーツ活動発表会で公表する。

    【開発担当主査に聞いた】「ヴィッツ」開発の狙いや特徴

     欧州などで販売している小型車「ヤリス」(日本名ヴィッツ)で参戦する方針。ドイツに拠点を置くトヨタのモータースポーツ子会社「トヨタモータースポーツ有限会社」(TMG)がヤリスをベースに専用マシンを開発し、今年から本格的なテストを実施する。ドライバーも昨年末までに選定を終えており、当面は外国人選手となる計画だ。

     トヨタは1973年のWRC発足から散発的に参戦。90年代には本格的な活動を行い、93、94、99年と製造者部門の王座に輝くなど黄金時代を築いた。
    しかしF1参戦を機に99年限りでWRCから撤退しており、18年ぶりの復帰となる。

     WRCはF1などと同じく、国際自動車連盟(FIA)が管轄する世界選手権で、公道を使ったモータースポーツの最高峰。市販車をベースとしたマシンで競うため、量産車への技術の応用や、販売促進への効果が大きいとされる。今季はフォルクスワーゲン(VW=独)、シトロエン(フランス)、現代(韓国)などが参戦している。

     トヨタの豊田章男社長は昨年8月にフィンランドであったWRCを視察し、自らも実際のコースでラリーカーを運転。「ラリーはトヨタのDNAの一部」と述べ、WRCへの復帰を前向きに検討していた。【和田憲二】
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000007-mai-moto
    2015-toyota-vitz-jdm-33-1[1]
    ※toyota vitz

    【<トヨタ>WRCに復帰 18年ぶり 「ヴィッツ」で参戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    … 14/11/19(水)22:06:47 IP:219.105.*(miyazaki-catv.ne.jp) No.1525180 del
    1416402407151[1]
    ラリーカーはいい・・・
    心が洗われる・・・

    ㌧㌦

    【ラリーカーはいい・・・心が洗われる・・・㌧㌦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : ジャンピングカラテキック(catv?)@\(^o^)/:2014/09/25(木) 12:47:26.05 ID:b0fSRZX+0.net
     037[1]

    昨年の「ストラトス」に続き、ビンテージカー専門サイト『Petrolicious』から、ランチアの伝説的な名車「ラリー037 ストラダーレ」を取り上げた映像をご紹介しよう。
    フィアット・クライスラー・グループの傘下で、現在はイタリア国外ではブランド存続の危機すら伝えられているランチア。しかし、かつてはイタリアの高級車ブランドとして名を馳せただけでなく、「ストラトス」や「デルタHFインテグラーレ」などを生み出し、ラリーにおいて数々の栄光を築き上げた名門だった。
    これらと並びランチアの名を世に知らしめた名車の1つが、ラリー037と呼ばれるモデルだ。

    1982年から世界ラリー選手権(WRC)のグループB(当時のトップカテゴリー)に参戦したラリー037。4輪駆動のラリーカーが台頭しつつあったこの時代に、ミドシップの後輪駆動で健闘し、1983年にはマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。しかし、1984年は4輪駆動のアウディに敗れ、1985年になるとプジョー持ち込んだミドシップ4WDのマシンに歯が立たず、その年の最終戦でランチアもラリー037の後継として「デルタS4」を投入することになる。ラリー037はWRCでタイトルを獲得した最後の後輪駆動車だ。
    グループBのレギュレーションに則って、当時ランチアは200台のホモロゲーションモデルを製造している。その1台が今回の映像に登場するストリート・バージョンのラリー037 ストラダーレだ。アバルトが開発した2.0リッタースーパーチャージャー付エンジンは、公道仕様として競技用車両よりも当然デチューンされているが、フィリップ・トレダノ氏が所有するこの037ストラダーレはエキゾーストの変更などにより、およそ240hpを発揮するという。
    それでは、ピニンファリーナが手掛けた美しいラリーカーをビデオでご覧いただこう。


    http://jp.autoblog.com/2014/09/24/street-legal-lancia-group-b-rally-car-video/

    【WRC優勝マシンのストリートモデル、ランチア「ラリー037ストラダーレ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : 足4の字固め(catv?)@\(^o^)/:2014/08/04(月) 21:31:58.53 ID:5M/B7Xbc0.net 
     vw-20140802-6639

    フォルクスワーゲンは、自動車レース(ラリー)の最高峰「FIA 世界ラリー選手権」の第 8 戦「ラリー・フィンランド」に市販車をベースとした3台の「ポロ R WRC」で参戦、
    地元フィンランドの ヤリ‐マティ ラトバラ選手が今季3度目となる優勝を飾った。チームはこれで今季無敗の8勝目。 2013 年の第10戦「ラリー・オーストラリア」以降、連勝記録を12に伸ばした。
    http://jp.autoblog.com/2014/08/04/8-8-1-2/

    【フォルクスワーゲン 世界ラリー選手権で今季8勝目 第8戦「ラリー・フィンランド」で1-2位独占】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : レッドインク(catv?)@\(^o^)/:2014/07/28(月) 17:30:35.27 ID:JsYusjDz0.net
     
    ポルシェやBMW、ランチア、オペル、ルノーなどモータースポーツシーンを賑わせてきた数々の伝説的モデルの走行シーンが一挙に見られる映像が『YouTube』に公開されている。

    映像は2014年2月に開催された"Rallye Oberehe"のヒトコマ。ポルシェ911やランチア・デルタ、ストラトス、さらにはBMW M3、ルノー・アルピーヌなど往年の名車がダートやターマックでテールスライドしながらコーナーを駆け抜けていくシーンが収められている。

    http://www.youtube.com/watch?v=cjI4oTS4Z1A&list=UU3bjL2u0yaAFZHs-8gCw8FA
    http://carview.yahoo.co.jp/news/event/20140728-10208204-carview/

    【往年の名車のドリフトシーンが盛りだくさん】の続きを読む

    このページのトップヘ