バイネビ

へっぽこ乗り物全般(バイク・車がほぼ)のまとめ一応へっぽこ実験サイトでもある。 wiki〇edia風の説明である。

    フェラーリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: ウエスタンラリアット(東日本)@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 16:50:25.06 ID:+d/rGmS70.net

    フェラーリ・ジャパンは14日、新開発のV8ターボエンジンを搭載したフェラーリの新型スーパーカー『488 GTB』の日本導入を発表した。
    488 GTBは、『458イタリア』の後継車にあたる2ドアクーペ。フェラーリ伝統の8気筒エンジンシリーズの最新作で、3902ccのV型8気筒ガソリンターボエンジンを座席後方に搭載したミッドシップレイアウトのスーパーカーだ。最高出力は492kW、最大トルクは760Nm。
    0‐100km/h加速は3秒、0‐200km/h加速は8.3秒、最高時速は330km/h以上と、フェラーリの名に恥じない圧倒的な性能を誇る。
    「ターボラグ・ゼロ」を謳う鋭いレスポンスのターボエンジンには、7速F1デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせる。サーキット車両のように正確かつダイレクトなギアシフトを可能とし、1速での静止状態から4速ギアでリミッターが作動するまで、わずか6秒しかかからない。
    エクステリアは、F1マシンに似たフロントフェイスが象徴するように、空力性能を徹底的に追求しながらスポーツクーペとしての美しさにこだわった。巨大なエアインテークには、初代『308 GTB』への敬意も込められている。

    http://response.jp/article/2015/05/14/251153.html
    885632[1]
    【【フェラーリ 488 GTB 日本発表】伝統のV8スーパーカーが新型に…ターボ搭載で100km/hまで3秒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)09:54:55 ID:5j4
    さっき見かけたが日本終わってんな
    0640[1]
    ※参考画像フェラーリ
    2: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)09:55:41 ID:pf2
    免取りされて2回目の取得の可能性

    4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)09:56:25 ID:5j4
    >>2
    若い兄ちゃんだったから多分違う

    22: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)10:39:30 ID:TDi
    >>2
    お前は無免許だな
    免取りは対象外
    【初心者マーク付けたフェラーリwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/11(土) 06:52:41.619 ID:ErPgLyNNd.net
    金目当てのケバイ女が寄ってくる以外のメリットが思いつかん
    1167156[1]
    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/11(土) 06:53:15.302 ID:xOhsF9240.net
    フェラーリよりブラバスが欲しい

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/11(土) 06:53:22.226 ID:4jkH4ftyD.net
    軽トラでいいや
    【お前ら金持ってたらフェラーリ乗りたいとか思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : 魔神風車固め(静岡県)@\(^o^)/:2015/03/05(木) 13:24:19.70 ID:XtCrFp+z0.net 
     
    フェラーリは、ジュネーブモーターにて、V型8気筒エンジンを搭載した「488GTB」を世界初公開した。
    308GTBの登場から40年の歴史を持っている、フェラーリのV型8気筒モデル。
    先代の458イタリアの後継となる488GTBは、ドライサンプ式のV型8気筒 3.9リッター(3902cc)直噴ターボエンジンをリアミッドに搭載している。

    ターボエンジンから発揮される最高出力は8000rpmで670CV(492kW)を発生させ、最大トルクは760Nm/3000rpm。
    最高速は330km/h以上をマークし、0-100km/hの加速時間は3.0秒、0-200km/hは8.3秒となっている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2015geneve/20150305_691299.html
    01[1]

    【フェラーリ、最高速330km/hの「488GTB」を世界初公開 V型8気筒 3.9リッター直噴ターボエンジン搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 :THE FURYφ ★@\(^o^)/:2015/02/18(水) 00:21:20.31 ID:???*.net
    フェラーリは、2016年および17年を目処にF1が進めているテクニカルレギュレーションの変更に関する議論をさらに活性化させるため、より未来的にデザインしたF1のコンセプトカーを発表した。

    ここ数年、世界的な視聴率の低迷にあえぐF1は、人気減少の要因として対策が求められているF1マシンの魅力改善に向け、1,000馬力エンジンやマシンの外観に迫力を与えるワイドタイヤの採用といった新たなレギュレーションを導入することを協議している。

    この協議は、すでに変更内容の合意がチーム間でなされているものの、その時期については意見が分かれており、最終的な決定投票が17日(火)のF1コミッション会合で実施される予定になっている。

    こうしたタイミングの中、フェラーリは公式サイトに「FORMULA 1 CONCEPT」と題した特別サイトをを開設し、F1のコンセプトカーをデジタルイメージで公開。将来的なマシンデザインについて独自に見直しの範囲を示した。

    このコンセプトカーでフェラーリが示したアイデアは、将来のレギュレーションの方向性を求める以上に、マシン全幅やタイヤサイズ、エンジン容量などの変化をシンプルかつ純粋に表している。

     依然として現行レギュレーションのコンセプトを少なからず踏襲しているとはいえ、フェラーリの社内デザイン室がF1の空力部門と何週間にもわたって緊密な作業を行った末に完成したその姿は非常に未来的であり、ダブルデッカー型のフロントウイングやよりなめらかな造形のボディワーク、シンプルで大型のリヤウイングが目を引くものとなっている。

    この将来のマシンコンセプトについては、ライバルのマクラーレンとレッドブルも最近のF1ストラテジー・グループ会合でコンセプトアイデアを示しているが、両チームは一般への公開を控えている。

    フェラーリはコンセプトカーを公開した特設サイト(http://f1concept.ferrari.com)で、ファンからの意見も募っている。

    http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=63225

    画像
    01[1]

    【【F1】フェラーリ、未来的なF1コンセプトカーを発表】の続きを読む

    このページのトップヘ