バイネビ

へっぽこ乗り物全般(バイク・車がほぼ)のまとめ一応へっぽこ実験サイトでもある。 wiki〇edia風の説明である。

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : キン肉バスター(catv?)@\(^o^)/:2014/08/17(日) 13:59:05.40 ID:v+9qj9EL0.net 
    140815-Smart-Motorcycle-Helmet[1]

    神聖皇兄プレイも捗りそうです。

    視界180度のバックカメラを搭載、スクリーン右下にナビ情報と合わせて表示してくれるHUDつきARヘルメット「SKULLY AR-1」がINDIEGOGOで資金を調達中、残り26日の時点で支援率452%と、すでに5週目に入りました。

    今までにもナビ情報を視覚的に教えてくれるヘルメットの計画はありましたが、「SKULLY AR-1」は発車時、停車時、レーンチェンジ時に重要な背後の情報がミラーを見なくても、ミラー外の範囲までわかります。安全性を第一に考えた結果のプロダクツになっているのがポイントです。

    【バックモニタもGPSも。オートバイ好きが待ち望んでいたARヘルメット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 :◆sRJYpneS5Y :2014/07/27(日)20:28:51 ID:???
    サンフランシスコに本社を置く、リット・モーターズ。2010年設立のこのスタートアップは新しい乗り物の開発に取り組んでいる。

    前からみると普通の電動スクーター、しかし横からみると大きな荷物スペースがあるため穴の開いた正方形のような形状をしている。この独特なデザインをした、新しい移動手段の自慢は、容量が小型車並みであること。目的は、多くの荷物を安全に、そして交通渋滞に巻き込まれることなく運ぶことだ。

    オレゴン州ポートランド生まれのダニエル・キム氏は3年前にリット・モーターズを設立。現在、2種類の試作品を開発している。

    ■C-1は2万4000ドル
    この正方形のようなスクーターの名前は「kubo」という。kuboは6000ドルと安価に設定している。

    一方、リット・モーターズではもうひとつの乗り物を開発中で、こちらの「C-1」はまるでSF映画から飛び出してきたかのようなデザインだ。C-1は車とバイクを融合させた高級な乗り物で価格は約2万4000ドルを予定している。このC-1にはジャイロシステムが搭載されており、側面から自動車に衝突されたとしても転倒しない。


    続きはこちら ライブドア/東洋経済オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/9083993/

    Lit Motors C-1, fully-electric, self-balancing, two-wheeled vehicle at Gigaom Roadmap #roadmapconf

    【【国際】「ぶつけられても倒れないバイク」の衝撃度 次世代スクーターがカミングスーン! [H26/7/27]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    721 :774RR:2014/07/24(木) 18:36:09.53 ID:IC+GFEBB.net
    【スズキ】GSR250に新色を追加して発売
    http://news.bikebros.co.jp/model/news20140724-03/
    スズキは、GSR250の車体色を一部変更し、ツートンカラーモデルを2014年7月31日(木)に、新色の単色モデルを9月9日(火)から発売する。なお、両カラーモデルともにサイドカバー両側に「SUZUKI」のデカールが追加される。

    20140724_news_s01[1]
    ※キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック

    【【スズキ】GSR250に新色を追加して発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : リキラリアット(catv?)@\(^o^)/:2014/07/24(木) 19:33:52.95 ID:2Dqe66wf0.net
    ホンダは、7月27日に千葉県・幕張メッセで開催される『ワンダーフェスティバル 2014(夏)』に出展、SFアクション漫画『シドニアの騎士』とコラボレーションしたモーターサイクル「NM4-02 継衛version」を披露する。
    シドニアの騎士は、2014年4月にはアニメ化され、アニメ第二期「シドニアの騎士 第九惑星戦役」の制作も決定している、月刊『アフタヌーン』掲載中の二瓶勉氏によるSFアクション漫画。
    会場で披露される「NM4-02 継衛version」は、作者弐瓶氏の監修により特別なカラーリングが施され、原作の世界感をインスパイアさせる特別な1台となる。
    http://response.jp/article/2014/07/24/228373.html
    725508[1]

    【ホンダ、ワンフェスに参戦…『シドニアの騎士』とコラボした特別なNM4-02を披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 :乗り助φ◆v2jV1ntgt2 :2014/07/25(金)11:17:06 ID:7A052IF3f
    『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐』が、
    バイクレーシングチーム「DOG FIGHT RACING」とコラボレーションを果たし、
    7月24日より開幕した「鈴鹿8時間耐久ロードレース」でお披露目された。
    「DOG FIGHT RACING」は、1996年に設立されて以来、ロードレース参戦活動を通して
    製品開発を続けている老舗のバイクレーシングチームで、今回のコラボレーションは
    映画の"THE NEXT GENERATION=新世代"というキーワードが、
    チームの若きエース藤田拓哉氏とオーバーラップ。

    そして、高性能なレイバー(=マシン)の力を引き出す操縦士(=ライダー)の存在、
    レイバーを最良の状態に維持管理する整備班(=メカニック)など、
    さまざまなキャラクターが見事にマッチングしたことにより実現した。

    チーム名は「PATRABOR・TEAMJP DOGFIGHTR YAMAHA」。
    「98式AVイングラム」のカラーリングをモチーフにしたマシン、レーシングスーツ、
    ヘルメット、ピットデザイン、レースクイーンなど、映画の舞台となる"特車2課"をイメージし、
    7月24日~27日に三重県・鈴鹿サーキットにて開催される
    国内最高峰のバイクレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」でお披露目されている。
    ライダーのゼッケンは"98"。
    以降、「全日本選手権」など国内のレースに参戦するという。

    詳細はソースで
    http://news.mynavi.jp/news/2014/07/24/315/

    001l[1]

    【【バイク】イングラム対エヴァ初号機!?パトレイバーが 「鈴鹿8耐」参戦へ】の続きを読む

    このページのトップヘ