バイネビ

へっぽこ乗り物全般(バイク・車がほぼ)のまとめ一応へっぽこ実験サイトでもある。 wiki〇edia風の説明である。

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : フェイスロック(空)@\(^o^)/:2014/07/02(水) 11:43:26.64 ID:m7RUC4Gsi.net
     
    ヤマハ発が新型3輪バイク「トリシティ」を9月発売

     ヤマハ発動機は1日、新型の3輪バイク「トリシティ」を9月10日に発売すると発表した。
    タイヤが前に2つ、後ろに1つあるデザインで、2輪車にはない安定感とスポーティーなハンドリングが特徴だ。
    バイクを敬遠していた若者層や小回りのきく車両を求める4輪ユーザーを取り込みたい狙いがある。

     トリシティは35万6400円で、年間販売目標は7千台。低速域でもスムーズに走行する125ccエンジンを搭載した。

     後輪が2つある3輪バイクは珍しくないが、前輪を2つにする斬新なデザインを採用。
    カーブで前輪が車体と同調して傾く独自の機構を用いて、自然なハンドリングを実現した。
    柳弘之社長は1日の発表会で、「2輪車、4輪車にはない新しい価値、今までにない驚きと楽しさを提供する」と強調した。
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140701/biz14070115440017-n1.htm

    動画

    依頼
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1404003069/50

    【ヤマハがフロント2輪、リア1輪の新型3輪バイクを発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 : フェイスクラッシャー(東京都)@\(^o^)/:2014/07/04(金) 22:33:27.95 ID:6gYtqV+k0.net 2BP(1000)

    日本自動車輸入組合が発表した2014年上半期(1-6月)の輸入小型二輪車の新規登録台数は、
    前年同期比5.1%増の1万1624台となった。

    シェアトップのハーレーダビッドソンは同4.0%減の5769台と減少。
    シェアは4.7ポイントダウンの49.6%と過半数を割り込んだ。

    2位のBMWは同19.9%増の2232台。3位ドゥカティは同14.1%減の1123台、
    4位KTMは同105.6%増の911台、5位トライアンフが同3.9%減の862台だった。

    そのほかではMVアグスタが同34.6%増の241台、モトグッツィが同7.1%増の167台、
    昨秋から三輪バイク、カンナム『スパイダー ロードスター』の販売を開始したBRPは129台だった。

    http://response.jp/article/2014/07/04/226954.html
    画像
    ハーレーダビッドソン スポーツスター XR1200X
    716293[1]
    BMW F 800 R
    716294[1]


    【【輸入バイク】ハーレーの売れ行きが減少 最近の売れ筋はBMW】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1 :乗り助φ◆v2jV1ntgt2 :2014/06/28(土)21:37:35 ID:RWw6lFrcW
    アリエルといえば、パイプフレームが特徴的な2人乗りのハードコアなスポーツカー「アトム」が有名だが、
    かつてはバイクメーカーとして知られる会社の名前の1つだった。
    1902年に創業を開始した同社は、BSA(バーミンガム・スモール・アームズ)に吸収されながらも
    1970年頃まで二輪車の製造を行っていた。
    そして今回、サイモン・ソーンダース氏によって設立された現在のアリエル社が開発したバイクが、「エース」だ。
    アリエル エースは幅広いカスタマイズが可能で、クルーザーやネイキッド・スポーツバイクなど
    オーナーの好みに合わせて注文することができる。
    エンジンはアトムと同じくホンダ製で、エースには「VFR1200F」の1237ccV型4気筒を採用。
    最高出力173bhp/10,000rpm、最大トルク13.4kgm/8,750rpmを発揮し、0-100km/h加速は3.4秒で
    最高速度は165mph(約265km/h)に達するという。
    ギアボックスは6速マニュアルかホンダ独自の有段自動変速システムである
    DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が選択できる。
    また、サスペンションは2つの組み合わせから選択が可能。
    燃料タンクの容量やシートの高さ、ホイールベースの長さはそれぞれ3種類から選ぶことができ、
    オーナーの要望に沿った様々な組み合わせが可能だ。
    【【バイク】アリエル、カスタマイズの自由度の高さが魅力的な新型バイク「エース」を発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ