バイネビ

へっぽこ乗り物全般(バイク・車がほぼ)のまとめ一応へっぽこ実験サイトでもある。 wiki〇edia風の説明である。

    2015年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 :coffeemilk ★:2015/03/30(月) 16:38:52.39 ID:???*.net
     ▼先日夜、大分市内の20代会社員男性が友人と帰宅中。愛車のオートバイを発進しようとしたが、エンジンがかからない。

    困り果てる2人のところに、どこからともなく「助けてやろう」と高齢男性がやってきた。エンジンをかけながら押してもらったが、それでもオートバイは動かない。調べるとマフラーに砂が詰まっていたことが分かった。

    原因が分かってホッとする2人。ところが礼を言おうとすると男性はこつぜんと姿を消していた。あまりの気配の消し方に2人はびっくり。「きっとあれはバイクの神様だったんだ…」

    649_medium[1]

    http://minijikenbo.com/ontime/detail/649

    2 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 16:39:53.82 ID:dECRTugu0.net
    大分猫「カワサキか・・・」


    4 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 16:40:05.43 ID:/jOyMg4u0.net
    そうか、そりゃよかったな。

    【【大分】ありがとう“バイクの神様”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: アトミックドロップ(庭)@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 08:57:04.06 ID:KshvyN2l0●.net

    匿名はてなダイアリーでかなり興味深い投稿があったので紹介したい。“女友達を駅まで迎えに行ったら後部座席に座られた”というトピックで、内容は簡潔に書かれており、女友達が後部座席に座っていると自分がその女性の運転手みたいな感じになり、またバックの際に後部が見づらいという。
    かといって前に乗れとも言いづらく、女性はどういう心理で後部座席に乗るのだろうか。また、助手席に座る女性の心理も知りたい。

    この投稿には数多くのコメントが書かれている。そのコメントの中には「男性と女性の距離感を表すのでは?」という意見がある。
    つまり男性に好意を抱いていたり、恋人のような感覚の人、または恋人だったら遠慮無く助手席に座るが、二人の関係はあくまで友達。
    女性側も遠慮して助手席に座ったのだろう。車とはいえ、密室で隣同士の席。中には「そんなに仲良くない男性と隣同士は嫌」と言う女性も居るかも知れない。

    じゃあそんな相手男性を何故運転手として使ってるんだという話になるが。通常タクシーの場合は後部座席が目上の人が座るのがマナーとなっている。
    ポジティブに取るとしたら「気を遣わなくても良い相手」として見られてるということかも。

    女性のみんなは男友達の車に乗る際は助手席と後部座席どちらに乗る?

    http://gogotsu.com/archives/5971
    black_prius_alpha003-618x412[1]
    【女友達を車に乗せたら後部座席に座られた! 「好意の度合い」「マナーとしてどうなの」と大論争】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)14:31:36 ID:h0T


    こんなにいっぱいバイク走ってる国なのに。

    4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)14:34:26 ID:Moq
    個人がガレージをもてるほど土地に余裕がないから

    バイク持つことはできても改造や整備を個人でやるハードルが高い
    これがすべて車も同じ

    5: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)14:35:46 ID:Oem
    その昔徹底的にバイクを目の敵にしてたから
    【なんで日本ではバイクのレースがマイナーなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/03/30(月) 21:00:14.56 ID:???.net
    トヨタ自動車の高級セダン「クラウン」が誕生してから60年。今年で還暦を迎えた。

     日本の自動車の歴史を象徴する存在でもあり、2014年末までの国内累計販売台数は530万台を超えた。
    ただ、消費者の好みが変わり、ボンネットとトランクがあるセダン型にかつての勢いはない。日産自動車やホンダなども含め、各社は新機軸でセダン復権に向けて動き出した。

    ◆高級車の代名詞

     トヨタ初の本格的な量産乗用車であるクラウンは、国内自動車の黎明(れいめい)期にあたる1955年にデビューした。東京タワーが開業する3年前のことだ。

     日産などが海外メーカーと技術提携したのに対し、トヨタは純国産の技術にこだわり、日本のモータリゼーション(車社会化)とともに成長していった。

     係長で「カローラ」、課長は「コロナ」、部長で「マーク2」、そして「いつかはクラウン」――。
    83年に登場した7代目のCMのキャッチコピーが、出世とともに高級車への乗り換えを夢見るサラリーマンの心をつかみ、日本の高級車の代名詞として定着した。バブル期の90年には、年間販売台数が高級車としては異例の20万台を突破した。

    ◆人気に陰り

     しかし、90年代以降、消費者の関心は、ホンダの「オデッセイ」など、広くて使い勝手の良いミニバンや、
    スポーツ用多目的車(SUV)に移った。

     ライバルの日産の高級セダン「セドリック」、「グロリア」は2004年に姿を消した。最近では維持費が安い軽自動車やハイブリッド車(HV)が人気だ。

     トヨタ自身の戦略も影響した。1989年に最上級車として「セルシオ」を投入。05年からは高級車ブランド「レクサス」を国内展開したことで富裕層や社用車の需要が分散した。クラウンには固定ファンが多いものの、14年の販売台数は約5万台と、ピーク時の4分の1の水準にとどまる。

    ◆巻き返し

     「セダン離れ」の流れは止まるのか。

     トヨタは12年に発売した現行の14代目クラウンでデザインを大きく見直した。13年にはピンク色の車を投入したほか、4月1日からは1か月限定で、テレビCMで好評だった「空色」と「若草色」の特別仕様車の注文を受け付ける。

     日産は今年2月に高級セダン「フーガ」のデザインを一新し、日産のエンブレムを高級車ブランド「インフィニティ」のものに切り替えた。

     ホンダも、国内販売を2年以上中止していた高級セダン「レジェンド」を復活させ、2月に販売を再開した。
    全面改良した新「レジェンド」は、三つのモーターを搭載する新世代のHVとして売り込んでいる。
    20150330-OYT1I50003-L[1]
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150330-OYT1T50012.html
    【【自動車】還暦クラウン、セダン復権へ「空色」「若草色」追加 2015/03/30】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 :coffeemilk ★:2015/03/29(日) 13:09:36.79 ID:???.net
    KTMは東京モーターサイクルショーで、公道走行可能車では同社初の250ccモデルとなる『RC250』および『250デューク』を世界初公開した。日本での発売は6月を予定している。価格はRC250が62万円、250デュークが55万円。

    KTMのハラルド・プルキンガーCOOは同日会見し、「この2機種は200ccモデルのエンジン排気量を引き上げたのではなく、390ccモデルのエンジンのボアとストロークをダウンして造り上げた」と明かした。
    新エンジンは37.2kgと軽量に仕上げた。最高出力31馬力を発生。同クラスでは力強く、最も軽量なエンジンであるとした。

    シャシーは「MOTO3プロジェクト」からデザインと考え方を継承してきたスチールトレリスフレームを採用し、RCでわずか147kg、デュークは139kgと非常に軽量な車体となっている。
    さらに、250ccクラスとしては高級なWP製の倒立フォークをRC、デュークともに備えている。

    さらにCOOは、「我々は現在、390ccモデルによるレース“RC Cup”を企画・開催しているが、将来的には今日発表した250ccモデルによるCupシリーズの設立や、他の250ccクラスのレースへの参加者に対する積極的なサポートもしていきたい」との方針も示した。

    http://response.jp/article/2015/03/27/247657.html

    859627[1]

    【【二輪】KTM 初の公道250ccモデル登場 RC250 250デューク 55万円から】の続きを読む

    このページのトップヘ